脇脱毛大阪でおすすめはここ

脇脱毛大阪サロン脱毛ランキング

 

 

 

サロンと医療の両方のご紹介をします
まずは低料金のサロンから

 

ミュゼ

 

ミュゼは店舗数も多く、低料金のサロンとして人気があります。ミュゼには
美容脱毛完了コース、
セットコース、
フリーセレクトコース美容脱毛コースがある。どのコースにするから初回カウンセリングの時にしっかりと決めます。大阪には11店舗と数多くあります

 

 

銀座カラー
銀座カラーは脱毛サロンでは老舗てき存在で日本に脱もサロンができた当初からあります。脱毛は赤ちゃんはだ脱毛で、いたわりながらお肌に優しく脱毛をします。脇脱毛はフリーチョイス脱毛コースがおすすめです。ワキのほかにもVライン、そしてひざ下、びじ下など、自由に選べます

 

エステティックTBC
エステティックTBCは脱毛専門サロンではなくトータルエステ店となり、脱毛以外にもボディシェイプなどもやっています。
エステティックTBCの脱毛方法には、スーパー脱毛とライト脱毛があり、初回のカウンセリングの時にスタッフと検討します。

 

ジェイエステティック
ジェイエステティックはトータルエステです。
ジェイエステティックの冷光ヒアルロン酸進化脱毛はヒアルロン酸トリートメントでデリケートな脇も保湿ケアができます。ジェイエステティックが初めての方へは、脇脱毛にて300円の特別コースがあります。

脇脱毛大阪医療脱毛ランキング

 

 

 

 

湘南美容外科 クリニック
湘南美容外科クリニックではさまざまなお肌の状況に合わせて脱毛ができるように、3種類の脱毛機器があります。よりぴったりの脱毛機器をセレクトしてきれいに脇脱毛ができます。両ワキ脱毛、3400円です。

 

ジョウクリニック
ジョウクリニックのワキ脱毛は両脇1回3240円、5回12300円です。そして6回目以降は2160円です。ジョウクリニックでは、医療用レーザー脱毛とニードル脱毛を使い分けて施術してます。さまざまなお肌の状況などにより、3種類の方法を使い分けることもあります。

 

 

椿クリニックアフィリエイトb
椿クリニックは大阪ですと心斎橋にあります。
脇脱毛を施術するならフリーセレクトプランがおすすめです。月額プランと通常プランがあり、月額プラン、3部位から選んで3回3200円5回3600円、8回5400円となっています。椿クリニックは痛みをほとんどかんじない最新医療レーザ脱毛機のソプラノを使用しています

 

 

 

聖心美容美容クリニック
聖心美容美容クリニックは最新型の医療レーザー脱毛ソプラノアイスプラチナムを導入しています。痛みがすくない機器で医療レーザー脱毛なのに痛くないというメリットがあります。なので敏感なワキでの安心して脱毛ができます。両ワキ1回7000円、5回28000となっています。全身脱毛がほとんどの医療できになる部位だけをこんなに安くできるのは魅力的です

脇脱毛大阪| サロン脱毛の特徴

 

 

見られていないようでも何気に見られる脇、男性からだけではなくけっこう女性でも見られてますよ。

 

清潔感のあるノースリーブを着こなす大人はやはりしっかりと脇の脱毛処理を済ましてあります。

 

脇の脱毛の心配と言えばムダ毛の心配のほかに、脱毛をすることにより、黒ずんだりしないかという事ではないかと思いますが、サロンでの脱毛が原因で黒ずむことはありまえん。

 

その心配事は初回のカウンセリングの時にしっかりとスタッフと打ち合わせをして下さい。

 

脇の黒ずみはムダ毛の自己処理の刺激による刺激や、日光からのメラニンやこすれが原因の場合が多く、脇の黒ずみ対策商品もあるのでそちらを使用してみてはいかがでしょうか?
脇の黒ずみ対策

 

サロンでの脱毛方法としてはおもに、ワックス脱毛、ニードル脱毛、光脱毛の施術があります。

 

ワックス脱毛と言えばブラジリアンワックスが有名なのではないかと思います。

 

ワックス脱毛は基本的にはVIO脱毛がメインの脱毛となり、脱毛サロンとは分ける必要があると考え、こちらのサイトではご紹介していません。

 

当サイトではワックス脱毛、サロンでの脱毛、医療での脱毛と3つの選択肢があるとは考えますが、その中でもサロンか医療での脱毛をおすすめしています。

 

前置きが長くなってしまいましたが、脱毛サロンでの脱毛の特徴を説明します。

 

現在、サロンでの脱毛はほとんどが光脱毛による施術ではないでしょうか。

 

昔は細い針を毛穴の1つ1つに差し込み、弱い電気を流すというような脱毛方法が多かったのですが、現在ではほとんど見かけません。

 

サロンによって、フラッシュ脱毛、、SSC方式、IPL脱毛など、呼び方がさまざまありますが、それもすべて光脱毛で、光脱毛の別の言い方をフラッシュ脱毛と言います。

 

光脱毛とフラッシュ脱毛は言い方が違うだけで、同じものだと思ってください。

 

そしてSSC脱毛、IPL脱毛は細かいところで少しやり方に特徴があるというだけで、基本的には光脱毛です

 

 

 

光脱毛の特徴

 

 

光脱毛の施術方法は光をムダ毛に直接照射するという方法です。

 

その光を可視光線と言います。

 

光脱毛の光はメラニン色素の黒い部分のみに反応する光で、脱毛においては体毛のみに反応する光となります。

 

毛のすべてに反応するので、毛の奥の毛根まで反応します。

 

皮膚の表面上の毛のみが落ちるのでなく、根本から抜けるのですが、これは光を照射して、すぐその場で抜けるのではなく、数日かけてじわじわと抜けてきます。

 

個人差にもよりますが、だいたい2日間程度で抜け落ちてきます。

 

そして、やったー!これで一生ムダ毛とはおさらばよ!!と思いたい所ですが、毛周期に合わせてまた生えてきます。

 

ですが、脱毛前と同じに戻るのではなく、かなり弱った状態の毛が生えてきます。

 

そしてまた光を照射繰り返すことにより、最終的には脱毛が必要なくなるほどの毛になるわけです。

 

これが光脱毛の基本的な流れです。

 

そして光脱毛にもいろいろな方法があるわけですが、その中から今主流のCSS方式とIPL方式について説明していきたいと思います。

 

CSS方式の特徴

 

CSS方式はイタリアで研究開発された方式でスキースキンコントロールの頭文字です。理論にもとずいた脱毛法で美肌効果があります。クリプトンライトと呼ばれる

 

この方式を日本で最初に取り入れたのはミュゼです。

 

ミュゼの脱毛は肌にやさしくて、痛みもすくなく、料金も安いと評判です。

 

 

 

IPL方式

正式の呼び方はインテンスパルスライトと呼びます。

 

IPL脱毛は黒色のメラニン色素に反応する性質があり、その性質を生かしてムダ毛の毛根に刺激をあたえていきます。

 

もともとIPLの機械はエステで顔のニキビや毛穴の引き締めなどの顔の美肌効果を上げるために使用されていました。そのような理由からIPL方式は顔や脇の脱毛にとても効果的です。

脇脱毛大阪| 病院などの医療脱毛の特徴

 

病院の脱毛はおもにレーザー脱毛で行われます。

 

レーザー脱毛は肌のメラニンに反応して、サロンの脱毛器よりも高い周波数で脱毛をするので痛みは多少ありますが、サロンよりも早めに脱毛が完了します。

 

病院やクリニックでの医療脱毛は医師の資格を持った人が行うので、高い電力での脱毛が可能となっているのです。

 

 

脇の脱毛をやる場合、痛みが気になるところですが、施術を決定する前に、しっかりと医師と相談をしましょう

 

現在、医療脱毛でも、各クリニックや病院ではさまざまなレーザー脱毛がお行われていますが、そのいくつかをご紹介します

 

ダイオードレーザー

照射範囲が広く、脱毛時間の短縮ができます。わり少ない痛みで脱毛ができます。

 

アレキサンドリアレーザー

皮膚を冷却しながらのレーザー照射により、痛みを抑えた脱毛が可能です。

 

ロングパルスヤグレーザー

波長が長い脱毛方法で、深く脱毛ができるので、男性のひげ脱毛に多く使われます。

 

YAGレーザー

肌の色の濃い人にも反応するレーザーです。

 

ライトシェアデュエット

他と比べてほとんど痛みが少ないのが特徴。皮膚をのばしてから毛のメラニンだけをレーザー照射出来る。時間も短縮が可能

 

G-MAX

皮膚へのダメージがすくない脱毛法で日焼けのほてりなどがある場合でも脱毛ができます。

 

病院で行う医療レーザー脱毛は、永久脱毛が可能と言われていますが、目立たない程度の毛は生えてきます